NewsAPI - ほわいとソフトウェア

決済アプリ TOYOTA Wallet 、MaaS 実現へ一歩前進 ドコモ・バイクシェアなどと連携

トヨタファイナンシャルサービスとトヨタファイナンスは2021年10月13日、トヨタの決済アプリ「TOYOTA Wallet」に、モビリティ関連サービスのミニアプリを導入した、と発表しました。

トヨタ「ミライ」が水素燃料満タンから無補給で1,360kmを走破しギネス世界記録を樹立

水素燃料で走るトヨタのFCEV(燃料電池自動車)「MIRAI(ミライ)」が、満タンから空っぽになるまで845マイル(約1,360km)の距離をゼロ・エミッションで走ったことが認められ、「無補給で最長距離を走った燃料電池EV」というタイトルにてギネス世界記録を樹立しました。

トヨタ決済アプリ「TOYOTA Wallet」に「ドコモ・バイクシェア」などのミニアプリ導入

トヨタファイナンシャルサービスとトヨタファイナンスは、トヨタの決済アプリ「TOYOTA Wallet」に、モビリティサービスのミニアプリとして「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」を導入した。

全トヨタ労連、異例の「与党シフト」 突き動かすCNへの危機感

野党側にいた労働組合トップが与党国会議員と一緒に知事に要望に行く。それは異例の光景だった。 9月1日夕、愛知県公館で、全トヨタ労働組合連合会(全ト)の鶴岡光行会長が、カーボンニュートラル(CN、温室…

トヨタ、11月生産は過去最高水準へ 大規模減産から回復

トヨタ自動車は15日、11月の全世界での生産台数について、過去最高水準の約85万~90万台になる見通しだと発表した。9~10月は新型コロナウイルスの感染が広がった東南アジアからの部品供給が停滞するな…

トヨタ、初の米国電池工場を建設へ 30年までに3800億円投資

トヨタ自動車は18日、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)につかう車載電池の生産について、米国で2030年までに約3800億円を投資すると発表した。車載用の電池工場…

トヨタ、ペダル踏み間違いの原因の一つを軽減する「安心ドライブサポートクッション」を発売

トヨタ自動車がアクセル・ブレーキペダル踏み間違いの原因の一つである足の開きを補正して筋肉の負担を軽減するという「安心ドライブサポートクッション」を開発し、15 日から全国の系列店で発売したそうだ (日刊自動車新聞電子版の記事、 clicccar の記事)。 クッションはスウェード調で上質な質感の Luxury (税込 6,160 円) とニット素材でお手頃価格の Basic (税込 4,290 円) の 2 種類。左右のサポート部分で太ももを支えることで筋肉の負担を軽減し、足の開きを自然に補正して踏み間違いを減…

トヨタと産総研、脱炭素技術を共同研究 車載用太陽光発電や水素

トヨタ自動車は12日、脱炭素社会に向けて、国立研究開発法人「産業技術総合研究所」や豊田中央研究所と、先端技術の共同研究の検討を始めたと発表した。電動車に載せる太陽光発電や、エネルギー源として注目され…

日本製鉄がトヨタを提訴 鋼板の特許めぐり200億円の損害賠償請求

日本製鉄は14日、自動車用鋼板の特許権を侵害されたとして、トヨタ自動車と、鉄鋼世界最大手の中国宝武鋼鉄集団の子会社に対し、それぞれ約200億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。対…

愛知11区、古本氏が出馬断念 全トヨタ労連の出身「選択肢を…」

衆院愛知11区から無所属で立候補する準備を進めてきた古本伸一郎氏が、愛知県豊田市内で記者会見を開き、「最後まで悩んだが、立候補しません」と表明した。 新型コロナウイルス対策やカーボンニュートラルなど…