ほわいとのボウリング講座

スペア編

さあ,ボウリング講座のスペア編です.
ボウリングでは,1投目に残ったピンを倒す「スペア」は
ストライク以上にとても重要な要素です.
残ったピン配置ごとに,どのようにピンを倒すか,
スペアの狙い方を紹介します.
スペアの取り方 スプリットメイク

1投目で10本のすべてのピンを倒せなかった場合,2投目を投げることになります. 2投目に残ったピンを倒せれば,スペアとなります. スペアの場合,次の1投で倒した本数分のボーナスがカウントされるため,スコアアップのためには,ストライクに次いで重要となります(スコア計算に関して詳しくはスコア編にて).

このスペアを狙う際には,狙い方のセオリーがあります. ここでは,それを紹介します.


まず始めに,利き腕は「右利き」で,ストライクコースをほぼ決めている,ということを大きな前提とします. 左利きの方は,左右逆にして計算します. また,ポケットコースがどこか,ということを定義する必要があります. いろいろな説があるかと思います. このボウリング講座では,とりあえず下図のように,「17枚目でボールがピンにヒットするコース」を,「ポケットコース」として定義することにします.

ポケットコース

また,狙うスパットは「10枚目のスパット」(=2番目のスパット)と定義します. 違うスパットを基準とする場合でも,考え方は同じで,計算方法を修正すれば問題ありません.

17枚目をポケットコースとして,10枚目のスパットをボールが通るコースは,ナチュラルフックの場合はだいたい下図のようなイメージになります.

ストライクコース

以下の説明で紹介するスペアは,スペアの典型例です. すべてのスペアが網羅されいるわけではありませんが,たいていは下記のスペアの応用となります.


また中級者・上級者向けの注意点ですが,下の説明は「オイルが均一に分布していること」が条件となります. オイルが均一に分布していないと,想定しているのと曲がり方が変わってしまいます. その点を十分注意してください.

    ※ このようなオイルの分布の影響を避けるため,スペアボールを使うことがよくあります.



ポケットコースで取れるスペア,つまり1投目と同じ投げ方で取れるスペアです. コントロールをつける練習をしっかりと積んでおけば,比較的容易にとることができます.


そのまま取れるスペア
    1, 3
    1, 3, 9
    1, 3, 6
    1, 3, 5
    1, 3, 6, 10
    1, 2, 9
    5, 9

立ち位置を微調整して取るスペア

    ポケットコースに近いのですが,多少調整して狙うべきピンです.


    1
    5
      → ポケットコースより少し左側にあるため,立ち位置を右に1〜2枚移動

    3
    9
      → ポケットコースより少し右側にあるため,立ち位置を左に2枚移動

ポケットコースとは左右対称に,23枚目付近にヒットするコースです. ポケットコースの投球位置を基準として,立ち位置を3枚右へずらすか, あるいは立ち位置とスパットを左へそれぞれ6枚平行移動することで,ブルックリンコースに投げることができます.

そのまま取れるスペア
    ワッシャー(1, 2, 4, 10)
    バケット(2, 4, 5, 8)
    2, 4, 5
    1, 2, 8)
    5, 8)
    1, 2
    1, 2, 4
    1, 2, 4, 7
    2, 5
    2, 5

立ち位置を微調整して取れるスペア
    2
    8
      → ブルックリンコースより少し左にあるため,立ち位置を右に2枚移動

右利きの場合,レーンの右側のピンを狙う時は,下図のようにレーンをクロスするようにします. 普段,5枚目10枚目とかのスパットを使っている場合でも,たいていは15枚目とか20枚目のスパットを使います. これは,ポケットコースの練習とは別の練習が必要となります.

10枚目のスパットを通してポケットコースに投げている場合を基準とすると,15枚目のスパットを通して10番ピンを取るには,ざっくり計算すると,立ち位置を17枚左にずらせばOKです. (もちろん,オイルの分布は一様であるという仮定のもとで,です)

そのまま取れるスペア
    10
    6, 10
    6
    6, 9
    6, 10

レーン左隅のピンは,ポケットコースと同じスパットを使って,下図のようにクロスに投げるのがいいでしょう(図では15枚目になっていますが,イメージです). ただ,ポケットコースで5枚目スパットを使っている場合などには,かなり右側から投げる必要がでてきますので,そのような時には,より左のスパットを狙うようにします.

10枚目のスパットを通してポケットコースに投げている場合を基準とすると,15枚目のスパットを通して7番ピンを取るには,ざっくり計算すると,立ち位置を12枚右にずらせばOKです. (これももちろん,オイルの分布は一様であるという仮定のもとで)

そのまま取れるスペア
    7
    4, 7
    4
    4, 8
    4, 7, 8

1投目を投げて,1番ピンを倒してかつ離れたピンが残った場合,スプリットとなります. スプリットが残ると,スペアをとるのがとても難しくなります. 以下では,よくあるスプリットと,取れる場合はその取り方を紹介します.


ベビー(3, 10)
    最も簡単なスプリット. 3番ピンと10番ピンの間を通してとるのが基本.
    曲げるボウラーであれば,6番ピンや10番ピンをとる時のコースで,少し曲げを強めたり,スピードを緩めると,けっこう簡単にとることができます.
    曲がらないボウラーであれば,スパット理論通りに投げるのがいいでしょう. ポケットコースから5枚ほど右にピンが行くようにするとスプリットメイクできるため,立ち位置を3枚左にずらすだけでOKです.

平行ピン(4, 5)
平行ピン(5, 6)
    2本残ったピンが,横に並んで平行になっているスプリット. 取れる可能性は十分あります. 残った2本のピン(例では,4番ピンと5番ピン)の間を狙うのが基本です.
    上記パターンの他,「2,3番ピン」「7,8番ピン」「9,10番ピン」という平行ピンもあります.

ダイムストア(5, 10)
ダイムストア(5, 7)
    5番ピンにかすらせるように当てることでとれるスプリット.
    5,7は右投げフックボウラー,5,10は左投げフックボウラーには比較的狙いやすいスプリットです.

4, 9
6, 8
    基本的には,ダイムストアと同じように,4番か6番をかすらせてとれるスプリット.
    ただし,右や左に平行移動しているぶん,ダイムストアよりもとるのが難しいです.

6, 7
4, 10
    4番ピン,6番ピンにかすらせるように当てれば,とれるかもしれないスプリット.
    かなり難しいですが,狙ってとることができます.

スネークアイ(7, 10)
    まずとれません. 史上最悪のスプリットです. 10ピンをとる練習をしましょう.
    もし狙うのでしたら,超スピードボールを投げて,ピンが飛んで跳ね返るのを利用するといいでしょう.

シンシナティ(8, 10)
シンシナティ(7, 9)
    ほぼとれません. ひどいスプリットです. 同じく10ピンをとる練習をしましょう.
    もし狙うのでしたら,8番ピンや9番ピンの横をちょいとかすめるような感じで狙います.

クリスマスツリー(3, 7, 10)
クリスマスツリー(2, 7, 10)
    ベビースプリットよりだいぶ難しいですが,そこそことれます. 3・10番ピンの間,2・7番ピンの間を確実に通さなければなりません.
    実は,このスプリットが出たということに問題があって,こボールの力が弱いっていう原因があるんです・・・

リリー,大三元(5, 7, 10)
    まずとれません. 10ピン取る練習をしましょう.
    クリスマスツリーと同様,ボールの力が弱いという原因があります. それを克服するため,がんばりましょう.
    もし狙うのでしたら・・・,軽いハウスボールを使うと・・・いいかも??

4, 7, 9, 10)
6, 7, 8, 10)
    まれにとれます. わたしも一回だけとったことがあります. 4番ピン(6番ピン)にかすらせて,9番ピン(8番ピン)に当てます.

4, 6, 7, 10)
    まずとれません. 6・10番ピンか,4・7番ピンをとる練習台にしましょう.
    もし狙うのでしたら,もちろん6番ピンを薄めにヒットさせます.

4, 6, 7, 9, 10)
4, 6, 7, 8, 10)
    とれないとはいえないです. とった人を知っています.
    右からいくか,左からいくかは難しいです. カウントをかせぐなら,もちろんピンの数の多い方を狙います.
最終更新日時 : 2015年 6月25日(木) 9時15分17秒